2013年06月14日

2013年6月15日/ホタル舞う京都/みそそぎ川でホタルを見ました

こんにちは、山田章博です。



今週は台風が来て、雨も少しは期待できるかと思ったのですが
台風は南の海上で東へ向きを変えて、そのまま消えてしまいました。
梅雨入り宣言とは裏腹に、晴天の日が続き
35度を超える猛暑日もあって、もう本格的に夏がやって来たようです。

先週は、藤森神社のアジサイのお話しをしましたが
京都でこの季節に欠かせないものに「ホタル」があると思います。

みなさんは、京都のまちなか(市街地近辺)で
ホタルが見られる場所を、ご存知ですか?
今年は、もうご覧になりましたか?

d587e28699e7089346e9bbc265600ce6.jpg
<ホタル>
京都ぶらり女の1人旅blog2013年6月2日よりお借りしました。
ありがとうございます。

私は先週の金曜日、
つまり藤森神社へアジサイを見に行ったその日の20時頃、
鴨川の河川敷、丸太町橋から少し南へ下がった
「みそそぎ川」で、ホタルを見ました。

img_427140_11647553_0.jpg

img_427140_11647553_1.jpg
<みそそぎ川に舞うホタル>
KTギャラリー(kyo-KTのpicture-blog)2013年6月4日記事よりお借りしました。
ありがとうございます。

「みそそぎ川」が鴨川の上流(今出川辺り)で鴨川から分水して
河川敷の地下を流れ、丸太町橋から100mほど下流の
西側の河川敷で地上に現れます。
もともと、高瀬川が江戸時代初期に開削された時に
高瀬川に水を引くための水路として、人工的に造られた川です。

その「みそそぎ川」が地上に現れてすぐのあたりで
今年は例年よりも多くのホタルを見ることができました。
たまたま、私が見に行った時のタイミングが良かっただけかも知れませんが
多くのホタルが「みそそぎ川」の水辺を舞う、その光を見ると
鴨川べリの自然環境が豊かになっているように感じられて
嬉しいものです。

この「みそそぎ川」の他、京都のまちなかでは
岡崎から祇園にかけての「白川」、
「哲学の道」や下鴨あたりの琵琶湖疏水、
上賀茂の「明神川」や松ヶ崎あたり、下鴨の「糺の森」などで
ホタルを見ることができるようです。
私は以前、下鴨の疏水や松ヶ崎(山端)などで見たことがあります。

京都のような大都市で、市街地のすぐそばで
ホタルが見られる所と言うのは、どのくらいあるのでしょうか?
東京、大阪、名古屋などの大都市は海に近い河口の平野部にあるので
たぶん、自然にホタルが繁殖する場所は、多くはないでしょう。
そういう意味でも、京都は珍しい街なのかも知れません。
また、そういう京都に暮らす私たちは、幸せ者です。

ホタルが見られる時期は、例年
5月下旬から6月上旬ということですから
もうすでに、ホタルは飛ばなくなっているかも知れません。
でも、また来年もきっと
今年よりも、もっと多くのホタルが見られると期待したいですし、
もっといろんな場所で、自然に育つホタルを見ることができる、
そんな京都にして行きたいと思います。

posted by fm797radiocafe at 17:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。